いやいやいや、俺がこんな可愛い女の子からいいねもらえるはずがない。

マッチングしたその日にLINE交換して、向こうから食事に誘われて、それから毎日のように長文をやり取りして。

可愛いだけじゃなく俺の大好きな妹キャラで、真面目でしっかりしてそうなのにちょっと抜けてるとか、そんなド・ストライクな女の子とこんなうまい話あるわけない。

どうせ会ったら写真詐欺だったか、何かの間違いだったか、そんなオチに決まっている。

恋活アプリ『Omiai』を使うこと約半年。

その間にデートした女性の数は41人

出会うまでは好印象を抱いてもらっているようだが、いざデートするとイマイチ盛り上がらない。

2回目のデートの予約どころか、出会った後にメッセージのやり取りもろくに続かない。

40人もの女性とそんな事してたら、そりゃ自信も無くなりますわ。

ただ、『Omiai』がメチャクチャ優れた出会いの場だということは分かっていました。

写真詐欺みたいなことは無かったし、デートをドタキャンされたのも1回、2回だけ。

出会った女性も基本的にマトモ。

変な人とか全然いないですし、基本的には真面目に恋人を探しているけど出会いがない、普通の女子。

このご時世、これだけ出会えるチャンスっていうのはそうそうないと思うのですが、ただ一点、所詮僕は女性経験皆無の未熟者だったって事だけが誤算でした。

もちろん40人以上の女性とデートをすることで多少は会話力だったり、メール力だったりは磨かれたました。

ていうか、初回デートまでのノウハウに関しては、他の追随を許さないレベルだと自負しているのですが、所詮そこまでの男。

2回目のデートは数えるほど、彼女を作るなど夢のまた夢か。

50人。

あと9人頑張ってみよう。

それで駄目だったらちょっと恋活お休みして、南の島でゆっくり過ごそう。

そんな風に考えていた時にマッチングしたのが、冒頭で紹介したKちゃんで、まさか今まで見たことのないような美女と3ヶ月後にはラブラブになっているとは、世の中とはわからないものですね。

人生最大級の衝撃が舞い降りた

『向こうからいいねくれたし、これだけLINEしてるし、多少は自分に好意を持ってくれているはずだ!』

『いままで何千人もの写真を見てきたけど、この写真で可愛くないなんてことは絶対ありえない』

そんなポジティブな思いと、

『どうせ育ちが良すぎて、僕のような人間とは住む世界が違うんだろうな』

『写真可愛いだけで実際は可愛くないかも知れないし、期待しても仕方ないよね』

といったネガティブな思い、というか自分の臆病さが生み出した逃げ道とを抱えながら、いざ新宿にてデート。

マッチングしてから約一週間。

その時を待ち焦がれるとともに、出来ればその時が訪れないで欲しいという思いを抱いていたのですが、彼女を目にした瞬間、頭が真っ白になってしまいました。

ウソだろ。

こんな可愛い女の子が『Omiai』に、っていうか日本にいていいのかよ…。

写真よりも更に可愛らしいその笑顔。

その可愛さを盛りたてる、絶妙に似合った服装。

ちょっと緊張した表情と、甘くとろけるような優しい声。

美女が多くてオシャレで有名な大学を卒業しているとは聞いていたのですが、今まで出会ったどの女性も比較にならないほどの可愛らしさに、僕の中に電流が走ったのです。

これが一目惚れってヤツか。

今まで『Omiai』で出会った女性の中にも、一目で気に入った女性は何人かいました。

まあそんな女性に限ってうまくいかなかったのですけど、そんな事はどうでも良い、この子以外はどうでも良いと思えるくらい、その可愛さは桁違いだったのです。
『しんどかったけど、『Omiai』辞めないで良かった。いつかは最高の出会いがあると信じて、行動し続けて良かった。』

そんな風に神に感謝しつつも、あっという間にデートの時間は過ぎ、正直自分で思っていたよりも遥かに上手に話せました。

絶対緊張して空回りするだろ、っていうかそもそもテンパりすぎて話せないだろと思っていたのですが、事前にLINEで綿密にやり取りをしていたためか、共通の話題があったためか、彼女の話が上手だったためか、驚くほどデートは盛り上がり、その場で次のデートを約束。

何度かデートを経て、人生で初めての告白をして、人生で初めての、最高の彼女が出来たのです。

そんなことあるのかよ…と疑うあなたへ

こんな嘘のような話があるわけないと思うかも知れませんし、それも当然でしょう。

ただ、これは魔法のような話ではなく、41人もの女性とデートするという、精神的にも時間的にも、金銭的にも負担がかかる行動を乗り越えたからこそ得られた結果だと思います。

それが1人目に来るのか、100人目なのかは分かりませんが、いつかきっと報われる日が来ると信じて、経験を積み自分自身を高めていくことこそが、恋愛成就の唯一の道だと思います。

気持ちさえあれば誰にでも出来る事だとは思いますが、きっと多くの人がこの壁を乗り越えられない。

恋愛は確率のゲームだと割り切り、出会いの数を重ねることこそが彼女を作る秘訣であり、そのための出会いの場として『Omiai』を強く推薦します。

もちろん、40人もデートする必要がある人は珍しいでしょう。

実際僕も、最初の5人目くらいの女性に完全に虜にされたのですが、単純に能力不足、恋愛経験不足で相手にもされませんでした。

あなたが多少なりとも恋愛経験を積んでおられるならもっと早く結果を出すことが出来るでしょうし、あくまで確率論にはなりますが、メチャクチャ積極的な女性と早い段階でマッチングできちゃう可能性もあるわけですよね。

要するに、今あなたに彼女がいないのなら、正直『Omiai』を使わない意味が分からない。

彼女どころか女友達すら全くいない、もっと言えば男友達も多くない(うるさい!!)、僕ですらも女性とデートが出来てしまうのがこのアプリ。

当サイトでは、僕が培っていた汗と涙の結晶を、ノウハウとしてお届けしていきます。

このサイトを参考に、一人でも多くの男性が、思わず自慢しちゃいたくなるような彼女を作ることを強く望んでします。

まあ、絶対俺の彼女のKちゃんのほうが可愛いけどね(笑)

このサイトの管理人さんのように、Omiaiで恋愛成就している方は多いようですね。

50人とデートした俺の恋活アプリOmiai本音口コミ体験談